Uターン転職を成功させるための志望動機の書き方

Uターン転職情報サイト

就活中の学生へ現在、就職活動中の学生にとってもUターン転職は無関係なことではありません。最終的には住み慣れた地元で働きたいと考えている学生なら知っておくべき事柄なのです。そこで、就職活動中の学生にも知っておいてほしいUターン転職に関する記事をまとめてみましたので、進路に悩んでいる学生はぜひ読んでみてください。

Uターン転職したい方へ

about当サイトでは、Uターン転職に関する情報を配信しています。地元に帰って過ごしたい、地元でも働ける職業について知りたいなど、Uターン転職に関することで悩みや疑問を持つ女性に役立つ内容となっています。Uターン転職のメリットについて認識を深め、働き方に関する視野を広げてみましょう。お問い合わせは→uturnjobchange@yahoo.co.jp

ピックアップ

志望動機の書き方

2015.12.18

魅力的な志望動機

転職先を見つけられたなら、次はその企業への応募となります。しかし、気をつけたいのは応募する前にじっくりと履歴書作りを行うということです。もちろん手を抜いて良い部分などありませんが、特に志望動機が中身のあるものになっているかどうかは厳しくチェックされる部分です。履歴書における成功の可否は志望動機にかかっていると言っても過言ではありません。
Uターン転職のためにその会社に入りたいという人は「地元で働きたかったため」といった内容になりやすいようですが、それでは不十分です。なぜならば、それではその企業を選んだ理由にはなっていないからです。志望動機では、更に「こういった面で役に立つことができる」ということをアピールする必要があります。この書き方はどのような業種への応募でも使えるパターンですからぜひ覚えておきましょう。

魅力的な志望動機

これまでの経験を活かせるか

上記に志望動機の書き方について触れましたが、そのためにはまず自分がどのように、地元に役立つことができるかを考えなくてはなりません。それを考え、更に独自なものにできると他の応募者との差別化が図れます。Uターン転職希望の応募者は、地元出身の応募者と比べると厳しい目で見られる傾向にあります。地域によってはこの傾向が更に強くなる場合もあります。だからこそ、他の応募者とどこかで差をつけておく必要があるのです。
これまでの自分の仕事などを振り返り、どのような強みがあり、それをどのように企業のために役立てることができるのかを確認しなくてはなりません。そうした内容をしっかりと自分の言葉でまとめることができれば、Uターン転職という不利を吹き飛ばすことができるでしょう。

これまでの経験を活かせるか

「なぜ」「どうして」をよく考える

企業によっては、踏み込んだ内容を聞いてくる場合もあります。そんなとき、表面的な内容での準備しかできていないと動揺し、上手く答えることができなくなってしまいます。そういった突発的な質問にも冷静に対応するには、自分が地元に帰りたい理由、「なぜ地元に帰りたいのか」「どうして地元のこの企業で働きたいのか」をよく考えることが大切です。そうした問いかけに対する明確な答えが出せていれば、予想以上に深いところまで聞かれることがあっても落ち着いて、自分の言葉で話すことができます。良い志望動機を書くことや良い答え方をするためにはこうした自問が非常に重要になってきます。しっかりと考えて相手に伝えることがポイントです。

「なぜ」「どうして」をよく考える

”Uターン”に関連する記事

地方が面白い!

あらゆる面で地方より都心の方が充実していると思う人も多いかもしれません。しかし、最近では地方独自の面白さ、魅力も増えてきているのです。意外と知られていない、地方で暮らすからこそ得られる満足感について紹介していきます。READ MORE

ページトップ