Uターン転職で注意が必要な同族経営企業

Uターン転職情報サイト

就活中の学生へ現在、就職活動中の学生にとってもUターン転職は無関係なことではありません。最終的には住み慣れた地元で働きたいと考えている学生なら知っておくべき事柄なのです。そこで、就職活動中の学生にも知っておいてほしいUターン転職に関する記事をまとめてみましたので、進路に悩んでいる学生はぜひ読んでみてください。

Uターン転職したい方へ

about当サイトでは、Uターン転職に関する情報を配信しています。地元に帰って過ごしたい、地元でも働ける職業について知りたいなど、Uターン転職に関することで悩みや疑問を持つ女性に役立つ内容となっています。Uターン転職のメリットについて認識を深め、働き方に関する視野を広げてみましょう。お問い合わせは→uturnjobchange@yahoo.co.jp

ピックアップ

同族経営企業は要注意

2016.8.9

増加していく同族経営企業

最近では同族経営企業も増加してきています。この同族経営企業には、Uターン転職を考えている人も注意が必要です。その理由について説明していきますが、まずは同族経営企業とはどのような企業であるのか、簡単に説明していきましょう。同族経営企業とは社長から幹部までをひとつの家族で経営している企業のことを指します。もちろん、このような企業の場合、社長の後任にも家族の誰かが就くことが多いです。このような企業のあり方は成功することもあれば失敗に繋がることもあります。様々な面で不安要素もあり、残念ながらおすすめできるタイプの企業と断言することはできません。それでは、同族経営企業に発生しやすい問題について紹介していきましょう。

増加していく同族経営企業

様々な不安要素

まず、一般の企業と異なり同族経営の場合には、会社の利益よりも家族の利益を優先する傾向が強いです。そのため、一般の企業よりもどのように会社を成り立たせるか、成長させていくかといったことへの関心が薄くなりがちです。また、同族経営の場合、どうしても家族を優先的に良いポジションに就かせるものです。そのため、家族ではない社員たちには不満が溜まりやすいです。どんなに頑張っても正当な評価を受けることはないと考えるとやる気がなくなってしまうのは当然のことでしょう。
更に将来性の面においても不安があります。先述のように家族を優先した経営を行っていきますから、一般的に経験や信頼が浅い三代目で倒産すると言われています。そんな同族経営の企業はブラック企業となる危険性が非常に高いです。社員との信頼関係が築けておらず、理不尽な要求をされることもありますし、家族の利益を優先するため家族以外の社員の給料を減らしたりボーナスをカットしたりということも起こりえます。もちろん、経営者や家族がしっかりとしていれば同族経営の企業でも成功する可能性はあります。しかし、それ以上にブラック企業になってしまいやすい危険性があることを知っておかなければなりません。

様々な不安要素

避けるべきか

それでは同族経営企業へのUターン転職は避けるべきかというと、一概にそうとも言い切れません。例えば、どうしてもやりたい仕事があり、それができる企業が同族経営の企業であった場合などは挑戦してみる価値があるでしょう。また、転職を希望している会社が同族経営企業であることがわかった場合には、実際にどのような会社であるのかしっかりと下調べをしておく必要があります。

避けるべきか

”Uターン”に関連する記事

地方が面白い!

あらゆる面で地方より都心の方が充実していると思う人も多いかもしれません。しかし、最近では地方独自の面白さ、魅力も増えてきているのです。意外と知られていない、地方で暮らすからこそ得られる満足感について紹介していきます。READ MORE

ページトップ